スイーツ検索 サバラン[Savarin] » 手土産ジョウズ »

Vol.4 甘糟りり子さんのおすすめ手土産 権五郎力餅/力餅家

贈ったスイーツはコレ

力餅家

権五郎力餅(ごんごろうちからもち)

権五郎力餅

江戸時代から愛され続けて、300余年!素朴な鎌倉名物

江戸の昔より、峠の茶屋として店を構えていたという和菓子の老舗。こちらの名物が、権五郎力餅です。つきたての餅をひと口サイズに丸め、なめらかな舌触りのこし餡でくるんだ逸品。素朴な味わいは創業当時から変わらぬまま。ちなみに商品名は、武将・鎌倉権五郎景政を祀る御霊神社に由来するとか。手土産にする際、こんな小話を添えるのも一興です。

上)お餅をのばして餡をくるっと巻いていただく、権五郎力餅10個入り650円。添加物を一切使っていないため、日持ちは当日のみ。ほかに求肥バージョン9個入り900円(賞味期限3日)もあります。
下)深い緑の包みも老舗の風格。中には、店の歴史とイラスト地図を描いた栞が入っています。

Temiyage Jozu
力餅家

住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下18-18
営業時間:9:00~18:00 休:水曜・第三火曜
TEL:0467-22-0513

いつ・だれに? 甘糟りり子さん→外国人ゲスト

鎌倉は私の地元。だから、故郷を紹介する気持ちも込めて、東京に住んでいる友人や外国の方に差し上げることが多いですね。最近も、外国の方と都内でお食事する機会があって、この力餅を持っていきました。東京ではいろいろなものが手に入るので、逆にシンプルな和菓子は喜ばれるみたい。小さくて食べやすいサイズなので、ホテルに宿泊されている場合には「夜中に小腹が空いたときにどうぞ」とお薦めしていますよ。

おすすめポイント

昔ながらの優しい味でコーヒーにも合います!

これをほかに例えるとしたら……梅干のおむすび! 力餅は、そんなシンプルに徹した味わいがあります。お店は鎌倉・長谷の御霊神社の近くにあって、幼い頃から家族でよく通っていました。こぢんまりとした店内に、お饅頭や煎餅、金平糖なども並んでいて、そこに行くだけで楽しかったのを覚えています。なかでも力餅はお気に入り。柔らかな生餅をこし餡でくるんだだけの素朴な和菓子で、これをいただくと初心に戻れる気がします。もちろん、日本茶や抹茶といったお茶請けにぴったりですが、私はコーヒーと一緒にいただくのも好き。これが意外とよく合うんですよ。餡に無駄なものが入っていないからこその相性なのかもしれませんね。最近は甘いものでいろんなタイプのお店が増えて、どうしても新しいものや珍しいものに目が向きがち。だから、手土産にはこんな素朴なお菓子を選びます。

ほかに、お気に入りのスイーツはコレ!

「ジョエル・ロブション」の焼き菓子

以前は、チーズサブレを手土産の定番にしていたんですが、残念ながら販売終了に。でも、ロブションのものはだいたい何を差し上げても喜ばれますね。今は、ピスタチオやココナッツのクッキーをよく買っています。

お店の詳細はこちら

「ブレドール」のアップルピザ

葉山にある美味しいパン屋さんで、イチオシがコレ。ピザと名付けられていますが、アップルパイやタルトにも近い逸品です。撮影現場への差し入れや、お子さんのいるお宅に遊びにいく時のギフトに重宝しています。

お店の詳細はこちら

「パティスリー カー・ヴァンソン」の
フォンダン・オ・ショコラ

自宅にきたお客様から手土産にいただいて感動しました。フランス産の塩と白胡椒が添えられていて、それをショコラにかけて食べるんです。これが絶品! フランス帰りの日本人の方が作っているそうですよ。

お店の詳細はこちら

おすすめシーン
  • ビジネス
  • 友人
  • お年寄り
  • 少人数
  • お詫び
  • お礼

作家
甘糟りり子さん

1964年横浜生まれ、鎌倉育ち。玉川大学文学部卒業後、アパレルメーカー勤務を経て、フリーライターに。都市に生きる男女と、ファッションやレストラン、クルマなどの先端文化をリアルに写した小説やコラムが人気。現在は、小説を中心に執筆中。近著に、長編小説「ミ・キュイ」(文芸春秋)、エッセイ集「思春期ブス」(集英社)、ホテルを舞台にした恋愛小説集「長い失恋 ホテル・ラブストーリーズ」(講談社)など。

  • ソーシャルブックマークに登録する

    1. Yahoo!ブックマークに登録
    2. はてなブックマークに登録
    3. Buzzurlブックマークに登録
    4. Livedoorブックマークに登録
    5. newsingブックマークに登録
    6. niftyブックマークに登録
    7. chioxブックマークに登録
  • このページのURL