スイーツ検索 サバラン[Savarin] » 東京最新三ツ星スイーツ »

スイーツマニアがハマってる東京スイーツ

スイーツマニアがハマっている東京スイーツ!

スイーツに詳しいマニアな人たちが今ハマってる、とっておきのスイーツを紹介!日頃からスイーツに囲まれて生活しているマニアならではのディープなスイーツ情報を参考にしてみては?

『オーボン ヴュータン』の焼き菓子。

『オーボン ヴュータン』の焼き菓子。

  • 菓子研究家・スイーツ情報サイト「Sweet Cafe」運営
  • 下園昌江さん
  • http://sweet-cafe.jp/
  • 私が東京スイーツで注目しているのは「焼き菓子」! 素材や作り手の技術や思いがストレートに表現される焼き菓子はそのお店の個性が発揮される分野だと思います。東京には焼き菓子が美味しいお店は数多くありますが私が特に好きなお店は、心和むおいしさのア・ポワン、素材の力強さを感じるイル・プルー・シュル・ラ・セーヌ、フランスの空気を感じるオーボン ヴュータンです。それぞれ個性的なお店ですが、共通しているのは何度食べても飽きのこないおいしさです。

  • スイーツコーディネーター
  • 下井美奈子さん
  • 出来たてのスイーツはやはり美味しいですね。それが深夜遅くまで食べられるのも嬉しい! 『トシ・ヨロイヅカ 東京ミッドタウン店』の「ビスキュイクーラントショコラ ミルクチョコアイス添え」はナイフを入れると溢れでる熱いチョコレートのソース。中に隠れたラズベリーソースのおかげで、ラズベリーの爽やかな酸味と香りがチョコレートソースの中に溶け込んで、なんともいえない美味しさです。『スイーツバー BON Sweets&Smile』では、アシェットデセールがワインとのマリアージュとともに楽しめます。「本日のデザート3 種盛り&本日のビオワイン」では3 つのスイーツが少しずつ味わえるのが魅力です。深夜遅くまで、お酒と楽しめるスイーツバーは今後も注目です!

『トシヨロイズカ』の「ビスキュイクーラントショコラ」。

『トシヨロイズカ』の「ビスキュイクーラントショコラ」。

『コールド・ストーン・クリーマリー』の「ベリーベリー ベリーグッド」。

『コールド・ストーン・クリーマリー』の「ベリーベリー ベリーグッド」。

  • 食のクリエーター集団・g-chef 代表
  • 色井 香さん
  • http://www.g-chef.com/
  • 私が今注目しているのは、“こだわりアイスクリーム”。これから冷たいデザートがおいしくなる季節ですよね。『ピエール・エルメ』や『ベルグの4 月』のようなパティスリーのアイスクリームは、味はもちろん見た目の美しさも秀逸。また、『コールド・ストーン・クリーマリー』が火付け役となって、自分でフレーバーやトッピングを選んでオリジナルの味を楽しめるお店も増えていますね。『ゴールデン・スプーン』や『TeppanIce Cream』のように、アイスの素材がヨーグルトだったり豆腐だったり、ヘルシーさの面にもこだわっているのがうれしい限り!

  • スイーツナビゲーター
  • 齋藤 愛さん
  • http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/22
  • パウンドケーキのイメージって“お母さんが作る混ぜるだけの簡単ケーキ”そんなに美味しいと思っていなかったけど、ここ1~2年「ハッ!」とさせられるパウンドケーキ(フランス語ならケークですね)が多くて! 口どけが良く、バターの重さを感じさせず、なのに風味が豊か。お気に入りはオーブンミトンカフェ、エニスモアガーデン、パリセヴェイユ、エーグルドゥース、パスティッチェリア・イソオ、パーラー江古田などです☆

『オーブンミトンカフェ』のパウンドケーキ。

『オーブンミトンカフェ』のパウンドケーキ。

六本木『パスティッチェリア イソオ』の「ラム酒風味のババ」450円。

六本木『パスティッチェリア イソオ』の「ラム酒風味のババ」450円。

  • 菓子愛好家
  • 村山なおこさん
  • 様々な海外スイーツが登場する中、最近、個人的に気になるのは甘味を際立たせる塩がアクセントのスイーツや、イーストを使った発酵菓子「サヴァラン」や「ババ」。ここ1年で多く見かけるようになり、クラシックな味の復活も今後大いに期待したいものです。お気に入りは、コルク栓型のユニークな『ジャン・ミエ』、2006 年オープンの『カーヴァンソン』、評判ショコラトリー『オリジンーヌ・カカオ』など。もちろん、今回特集で紹介している『イソオ』も!

  • フードライター
  • 河森理恵さん
  • http://blog.livedoor.jp/r_kawa_/
  • 仕事柄、家で食べるよりも外で食べることのほうが多いので、デパ地下よりもパティスリーやカフェのスイーツのほうが馴染み深いですね。とくにカフェのスイーツは、ここ最近で専門化が進むとともに、味もレベルアップ。フレンチトーストやパンケーキ、ドーナツなど、素朴だけれど家では絶対に作れない味を売りにした専門店が増えています。おすすめは学芸大学のガレット専門店『POPOT』、代々木上原のドーナツ店『ハリッツ』、江ノ島『ロンカフェ』など。いずれも専門店らしいおいしさが魅力です。

『POPOT』の「バターと砂糖」。たっぷりの生クリームを添えるのが好み。

『POPOT』の「バターと砂糖」。たっぷりの生クリームを添えるのが好み。

恵比寿『BON sweets&smile』の「クレープシュゼットとカルヴァドス」。

恵比寿『BON sweets&smile』の「クレープシュゼットとカルヴァドス」。

  • 株式会社 旭屋出版「Cafe&Restaurant」編集部
  • 笹木靖司さん
  • スイーツと同じくお酒が大好きなので、最近はお酒とスイーツのマリアージュを楽しんでいます。シャンパンやモルトとショコラの組み合わせは世間にも浸透してきましたが、その他の組み合わせをよく行くお店から教えてもらい、自分でいろいろ試しています。カシスなどの甘いリキュールに甘いケーキを合わせる組み合わせや、スイーツの後引く甘さをお酒でスパッと断ち切り、また次の一口を美味しく食べるといった組み合わせなど、「お酒にスイーツは合わない」という概念を一度取っ払ったら、楽しい世界が開けると思います。

  • 「ボヌール☆花粉」運営 スイーツコーディネーター&ライター
  • 松本由紀子さん
  • http://ychocolat.exblog.jp/
  • 関西在住ながら、毎月東京へスイーツ遠征する私のマイブームは、「ストーリーのある古典菓子」。なかでも最近は「ルリジューズ」に夢中です。“修道女”という意味を持ち、シュー菓子を重ねた可愛らしいフォルムのルリジューズは、シンプルなだけにシェフの技量が問われる奥深いお菓子。歴史や文化、出生の秘密に想いを馳せながらいただくと、楽しさも倍増です♪

『カー・ヴァンソン』の「ルリジューズ」。

『カー・ヴァンソン』の「ルリジューズ」。

『パティスリー スクウ』のシュークリーム。

『パティスリー スクウ』のシュークリーム。

  • WEB サイト「男のスイーツ~ DOLCE VITA」運営
  • スイーツ番長さん
  • http://ameblo.jp/otokonosweet/
  • 『男のスイーツ』と自称し日々全国のスイーツを食べ歩くスイーツジプシーの俺がこんなこと言うのも男らしくないが(笑)、最近なにかと話題のメタボ、正直気になる。そこで今はまっているのが自家製果実酢を使用した「酢イーツ」を提供する『パティスリー スクウ』のシュークリーム。単なる「変わりスイーツ」ではなく、お酢をおいしく食するためのレシピとしてちゃんと機能しているのが素晴らしい!

  • スイーツサイト Oh My Sweets Life 主宰
  • マンナンさん
  • http://www.ohmysweetslife.fromc.com/
  • 約4年前くらいから現在まで、約400 種100 店以上のスイーツを食べ歩いています。大好きなモンブランをメインに、色々なジャンルのスイーツを味わっている毎日です。現在は特にマンゴー系スイーツがブーム。特にはまっているのは、東京青山にある香港のデザート専門店『糖朝』の「マンゴープリン」。素材は濃厚なのに、しつこ過ぎなくて優しい自然な味わいが出ていますよ。

『糖朝』の「マンゴープリン」。

『糖朝』の「マンゴープリン」。

『レ・アントルメ国立』のマカロン

『レ・アントルメ国立』のマカロン

  • ビッダーズ お取り寄せスイーツ担当
  • 松本瑞穂さん
  • http://www.bidders.co.jp/sweets/
  • 『有名シェフ× ファミリーマートsweet+』が5/29 よりファミリーマート全店で発売されるため、全国のシェフを行脚する忙しい日々を送っております。いま私が注目しているのは「マカロン」。映画『マリーアントワネット』にも登場したことで専門店以外でも多く目にするようになりました。形状や、素材はどこのシェフも変わらないように見えるのですが、アーモンドパウダー1つをとっても、製法や産地によって違いが生まれるんです。また、季節や天候によっても、試作を重ねる必要があるようです。今回はパッケージもパリらしくリニューアルした『レ・アントルメ国立』のマカロンをご紹介します! 食べ比べてみてください。

  • 食べ放題通チャンピオン・すみれ草201 主宰
  • 東龍さん
  • http://www.sumire201.com/
  • スイーツ食べ放題を食べ尽くした私がオススメするのは、ヒルトン東京ベイ「ベイラウンジ」のスイーツ食べ放題です。スイーツ食べ放題は、高級化が進み、味も格段によくなっています。東京近郊100 店以上のスイーツ食べ放題店の中でも特に、ベイラウンジはおいしくて、種類数が多いのですね。ホテルメイドのケーキはどれも絶品です。30 種近くも用意されているので、見た目にも華やかです。遅いランチとしても利用できます。毎月フェアで内容が変わるので、私のようなリピーターもとても多いですよ!

ヒルトン東京ベイ『ベイラウンジ』のスイーツ食べ放題風景。

ヒルトン東京ベイ『ベイラウンジ』のスイーツ食べ放題風景。

特集一覧
ページトップへ