スイーツ検索 サバラン[Savarin] » 夏スイーツコレクション2008 »

話題のパティスリーが魅せる究極夏スイーツ( ノリエット 下高井戸 )

2008年7月16日更新

永井シェフが贈る夏のスペシャリテ

『ノリエット』で夏の間だけ提供されるアントルメ・グラッセ。
その美しく繊細な仕上がりは、トップパティシエ、永井シェフならでは。冷たく、優しく
溶けていくアイスケーキが、蒸し暑い夏の午後を贅沢なひと時に変えてくれる。監修/下井美奈子

色とりどりのアントルメ・グラッセ

フランスとスイスでの6年間の経験を生かし、妥協のないオリジナルのフランス菓子を作り続けている『ノリエット』の永井紀之氏は、スイーツ好きなら知らない人はいない日本のトップパティシエのひとり。その永井シェフが、3年ほど前から始めた夏のおすすめがアントルメ・グラッセだ。アントルメ・グラッセとは凍らせた小さなケーキ、つまりアイスケーキのことをさす。
よく冷えたアントルメ・グラッセ用のショーケースには、ケーキのショーケースにも負けないほど、色鮮やかでかわいらしいケーキがずらりと並ぶ。ピンク、グリーン、イエロー、ホワイトなど、さまざまな層が重なる美しく繊細な色使い。そこには味はもちろん、見た目も極上のスイーツでいつも私たちを感動させてくれる永井シェフの感性が光っている。

バラエティ豊かな味わいを楽しんで

さまざまな色合いが楽しめるアントルメ・グラッセは、その味わいもバラエティ豊か。永井シェフ自身が「ひと口にアイスケーキ、といっても、いろんな味のバリエーションを楽しんでもらいたい」と語るだけあり、ひとつに決めるのが難しいくらい品揃えが豊富。口の中でさらっと溶けるフルーツのソルベからねっとりと重めのヌガー・グラッセまで、好みやその日の気分に合わせて楽しめる。

たとえば写真上段の「キール・メゾン」は、外側からソルベ・ペッシェ・ド・ヴィーニュ(桃のソルベ)、ソルベシャンパン、ソルベカシスと、ソルベを重ねた爽やかな一品。3つの味が重なり合いながらすーっと溶けていく、夏にぴったりの味わいだ。それに対し鮮やかなグリーンが印象的な「シシリア」は、ヌガー・グラッセをピスタチオ・グラッセで包んだこってりとした重めの仕上がりで、しっかりと甘いものを食べたい人に最適。酸味のあるマンゴーパッションソルベとココナッツのパルフェを組み合わせた「エキゾチック」は、重すぎず、軽すぎずのバランスが絶妙!
その名の通り、南国フルーツのエキゾチックな味わいがたまらないアントルメ・グラッセだ。

最高の状態を楽しむならカフェで!

ほかにも、酸味のあるフランボワーズソースとコクのあるチョコレートのバランスが素晴らしい「フランボワジェ」(650円)や、ナッツとドライフルーツの素朴な組み合わせがたまらない「ヌガー・グラッセ」(650円)など、一度は試してみたいものばかり。また、どのケーキにもマカロンやナッツ、ビスキュイなどで、食感をプラスしているところも見逃せないポイント。冷たいアイスの合間に漂う香ばしさに誘われるように、スプーンがどんどん進む。
1 時間くらいまでなら持ち歩きも可能だが、最高の状態で楽しむにはイートインするのが正解。窓の外の強烈な日差しを横目に、冷たくおいしいアントルメ・グラッセで贅沢な夏の昼下がりを過ごすのも悪くない。

キール・メゾン 650円

赤桃を使った甘酸っぱいソルベ・ペッシェ・ド・ヴィーニュを包むように広がる、シャンパンの香りが印象的。口の中でシュワーっと溶けていく爽やかな食感に、濃厚なソルベカシスと、アーモンドの香ばしさをもつビスキュイダマンドがアクセントになっている。

シシリア 650円

濃厚なスイーツが好きな人におすすめなのが、こちらの「シシリア」。ナッツとドライフルーツが入ったヌガー・グラッセとピスタチオのアイスの組み合わせはまろやかで重厚。ビスキュイ・ショコラがさらにコクを深めている。

エキゾチック 650円

パッションフルーツの爽やかな酸味にマンゴーの甘さが重なるソルベは、まさに夏の味!中には、優しい甘さのなめらかなココナッツ・パルフェが入っている。トップにはフランボワーズのソルベも。

  • 色鮮やかなショーケース。ケーキのほかにも、ショコラやヌガー、パート・ド・フリュイ、コンフィチュールなど、さまざまな商品が並ぶ。スイーツ以外にキッシュやムース、パテなどフランスの惣菜も取り扱う。

  • 店名を冠した「ノリエット」(440円)は、オープン当初からの人気商品。ヴァローナ社のチョコレートを使ったしっとりと重厚なクラシック・ショコラと生クリーム、カカオパウダーのシンプルな味わい。すっきりとした苦味とほのかな甘味、食感のバランスが絶妙で、いくらでも食べられそう。

  • 「モンブラン」(450円)は夏バージョン。生クリームもマロンクリームもふわっと軽い食感で、真夏の暑い日でもぺろりと食べられそう。ふわっと広がるラムの香りがアクセントになった大人の味わい。

  • 下高井戸の駅のそばにひっそりと佇む小さなパティスリー。深いグリーンの看板が目印です。小さなカフェが併設されているので溶けやすいアントルメ・グラッセは、ぜひイートインで。

  • 永井紀之

    1961 年生まれ。「辻調理学校フランス校」卒業。『オー・ボン・ヴュー・タン』のオープニングスタッフとして活躍後、渡仏。パリの『ミッシェル・ブラン』やスイス・ジュネーブの『ホテル・インターコンチネンタル』などを渡り歩き、ヨーロッパで6 年間を過ごす。帰国後、1993 年に『ノリエット』を開業。

  • 下井美奈子
  • 下井美奈子

    Minako Shimoi

    T V、雑誌登場多数の人気スイーツコーディネイター。パリ「Ri tzEscoffier」で料理・菓子のディプロム取得のほか、ル・コルドンブルー、ルノートル、フランス家庭菓子、イギリス家庭菓子など学ぶ。

  • ノリエット

    東京都世田谷区赤堤4-40-7
    グリンヴィル1F
    営業時間:9:00~19:00
    定休日:水曜休
    Tel:03-3321-7784
    アクセス:京王線、東急世田谷線下高井戸駅西口から徒歩1分