スイーツ検索 サバラン[Savarin] » やっぱり美味しいNippon。和スイーツモード全開! »

新スタイル和菓子(2) R style[表参道]

2008年8月6日更新

新しい”餡”の楽しみ方、「R」で見つかります。

カジュアルスタイルなカフェだからといって、昨今の和風カフェを想像してはいけない。老舗和菓子店の底力を感じさせる本物の和スイーツは、もっと和菓子を好きになる、きっかけになるかもしれません。
取材・文 齋藤愛

冷しぜんざい白玉 800円(R style 表参道)

まずはこれを食べてもらいたい! シンプルイズベストな逸品。ふっくらと炊き上げた丹波大納言の香りと食感を心ゆくまで堪能して欲しいです。

江戸前おはぎ 700円(R style 表参道)

常時5種類用意されている中から、3種をチョイスできる小ぶりのおはぎ。杏のういろう生地を使ったおはぎに、名古屋らしさを感じられます。季節ごとに内容は変化。

あみ焼きだんご 700円(R style 表参道)

自分で焼いて仕上げる団子は、食べるまでの過程や香りもごちそうのうち。ほっこり優しい甘さの粒餡と、キリッとした醤油の味が冴えるタレ、その緩急も嬉しい。

名古屋の老舗、東京での挑戦(R style 表参道)

畑仕事の合間に抹茶を立てて一服したなど、昔からお茶文化が盛んな名古屋には美味しい和菓子屋が多数あります。なかでも370余年という歴史を持つ『両口屋是清』は、徳川家の献上菓子を作っていた老舗中の老舗として知られています。
今では多くの百貨店に出店し、お茶席の菓子だけでなく、“より多くの人に美味しい和菓子を”との願いから、普段使いの和菓子も多く作られるようになりました。
その老舗和菓子店が、表参道ヒルズのオープンをきっかけに「和菓子本来の出来立ての美味しさを」と挑戦したのが『R style』の始まりです。

Rは両口屋是清のR、もうひとつの意味は……(R style 表参道)

オープンまでの道のりは楽ではなかったそうです。「もっと洋風に」という声があったのを「餡の美味しさを大切にしたい」との思いを第一に考え、メニュー作りに取り組まれたそうです。
店名は、両口屋是清の頭文字“R”を表しているほか、アルファベットの18番目の文字“R”を “十八番(おはこ)”と掛けているダブルミーニングは意外と知られていないのでは!?“両口屋是清の十八番=餡”で勝負しようという気持ちが店名に込められています。

選び抜いた素材、できたて感、季節感(R style 表参道)

使われる餡。例えば「ぜんざい」には大粒の丹波大納言、すっきりした甘さで小豆の旨みを引き立てる鬼ザラのみで作られており、余計なものは一切入っていません。
全国展開しているだけに、餡は工場でまとめて作って届けられるのでは? と思っていましたが、ほとんどをカフェ裏の厨房で作っているというから驚きです。
砂糖の「旨み」と「照り」を大事にする為、甘さは特に控えめにしていないそうですが、後口の良さは上質素材と技のなせるところかも知れません。
ほかにも、もち米とうるち米の粉の配合にこだわった団子は、歯切れの良さと弾力を兼ね備えた絶妙な食感。
あんみつやぜんざいに使う白玉は、一日に何度も白玉粉から作り、なるべく出来立てのものを提供できるよう心配りされています。紫蘇おはぎには、上生菓子屋ならではの上品なこし餡。杏おはぎは白餡を杏味のういろう生地で包んだという珍しいもの。添えてある型抜き羊羹は、寿司のガリに見立てられており、現在は楓ですが、季節により変わるそうです。
和菓子職人のこだわりを、そこかしこに垣間見ることができるメニュー構成になっています。

若い人たちにも親しまれる和菓子へ(R style 表参道)

老舗らしさを主張するより、明るいカフェの雰囲気で誰でも入りやすい店を目指している同店。実際、若い方が「普段あまり食べないものを」と茶菓(上生菓子)や抹茶にチャレンジしたりすることもあるそう。「和菓子を食べるきっかけ、和菓子を好きになる入り口になれれば」との思いは、お客にも十分に届いているようです。

  • 厨房(R style 表参道)

    出来立て感を大切に、ほとんどを厨房で作り仕上げます。おはぎは道明寺粉を使用、ひとつひとつ丁寧に包んでいます。人の手のぬくもりを感じられるところが、和菓子の醍醐味。

    店内(R style 表参道)

    白を基調とした明るい店内。大きな窓の外から飛び込んでくる表参道の街路樹の緑が、さらにリラックス感をアップさせてくれます。

  • 削氷 900円 (R style 表参道)

    「削氷」(900円)。黄色く完熟した紀州南高梅そのものが持つ甘酸っぱさを、ストレート表現した自家製シロップ。さらに南高梅のコンポートと白小豆の餡を添えた、贅沢三昧のかき氷です。

    外観(R style 表参道)

    店頭にはテイクアウト商品が並ぶ。今の季節には、ぜんざいや最中タルトが好評。涼しくなるとおはぎもテイクアウトできるようになります。

  • R style by 両口屋是清

    渋谷区神宮前四丁目12-10 表参道ヒルズ本館3F

    営業時間:11:00~23:00(テイクアウト~22:30)

    定休日:無休(表参道ヒルズに準ずる)

    Tel:03-3423-1155

    アクセス:東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線表参道駅A2出口から徒歩2分、東京メトロ千代田線、副都心線表参道駅5番出口から徒歩3分

    http://www.rstyle.co.jp/

齋藤 愛Ai Saito

2002年、TVチャンピオン甘味王選手権優勝。スイーツナビゲーターとして多くの雑誌にコメント掲載。最近は和菓子にはまっており、食べるだけでなく作るほうにも熱中している。スイーツと同時に自称 “鉄子”でもあり、同じく電車好きの小学生の息子と、日本各地へスイーツを中心とした食べ歩き旅を継続中。旅の珍道中や日々食べているものを綴ったブログ 『今日のイチうま☆☆☆』を発信。
http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/22